Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、不正通信検知製品に中堅企業向けライセンス

ファイア・アイは、外部との不正な通信を検知するセキュリティソリューション「FireEye NXシリーズ」の中堅企業向けライセンス「NX Essentials」を提供開始した。

同製品は、ウェブトラフィックを監視し、外部との不正な通信を検知するソリューション。通信に含まれるコンテンツを仮想環境で実行。挙動からマルウェアを検知できる。

今回の「NX Essentials」では、従業員2500人以下の中堅企業をターゲットとした製品で、一部機能を制限することで、従来製品に比べ価格を約30%低く抑えた。同社の他製品との連携や、DTIクラウドの脅威情報を利用したコールバック通信の検知などが制限されるという。

対応機種は、「NX900」「NX1400」「NX2400」「NX 4400」「NX4420」。アプライアンスで検知した脅威情報をDTIクラウドで共有する「2-way DTITM ライセンス」のみの提供となる。

(Security NEXT - 2016/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
デスクトップ向け「Chrome」が更新 - サンドボックス回避など脆弱性4件を修正
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
Apple、「macOS High Sierra 10.13.3」などMac向けにセキュリティアップデート
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意