Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、不正通信検知製品に中堅企業向けライセンス

ファイア・アイは、外部との不正な通信を検知するセキュリティソリューション「FireEye NXシリーズ」の中堅企業向けライセンス「NX Essentials」を提供開始した。

同製品は、ウェブトラフィックを監視し、外部との不正な通信を検知するソリューション。通信に含まれるコンテンツを仮想環境で実行。挙動からマルウェアを検知できる。

今回の「NX Essentials」では、従業員2500人以下の中堅企業をターゲットとした製品で、一部機能を制限することで、従来製品に比べ価格を約30%低く抑えた。同社の他製品との連携や、DTIクラウドの脅威情報を利用したコールバック通信の検知などが制限されるという。

対応機種は、「NX900」「NX1400」「NX2400」「NX 4400」「NX4420」。アプライアンスで検知した脅威情報をDTIクラウドで共有する「2-way DTITM ライセンス」のみの提供となる。

(Security NEXT - 2016/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
デスクトップ向け「Chrome」が更新 - サンドボックス回避など脆弱性4件を修正
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作