Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー含むメールを検知し通知するサービス - CITS

キヤノンITソリューションズは、マイナンバー検査機能をクラウドサービスとして提供する「マイナンバー漏えい対策メール検知サービス」を提供開始した。

同サービスは、送信したメールにマイナンバー情報が含まれているか検査し、検知した場合は管理者へメールで通知するクラウドサービス。「GUARDIANセキュリティサービス」のサービスメニューへ追加したもの。

メール本文やパスワードで保護されていない添付ファイルの検査が可能。メールの件名や送信者、送信日時などを通知する。マイナンバーの有無にかかわらず、送信されたメールはそのまま送信されるという。

価格は、初期費用が1万800円。月額利用料が1アカウントあたり162円。

(Security NEXT - 2016/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス