Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー含むメールを検知し通知するサービス - CITS

キヤノンITソリューションズは、マイナンバー検査機能をクラウドサービスとして提供する「マイナンバー漏えい対策メール検知サービス」を提供開始した。

同サービスは、送信したメールにマイナンバー情報が含まれているか検査し、検知した場合は管理者へメールで通知するクラウドサービス。「GUARDIANセキュリティサービス」のサービスメニューへ追加したもの。

メール本文やパスワードで保護されていない添付ファイルの検査が可能。メールの件名や送信者、送信日時などを通知する。マイナンバーの有無にかかわらず、送信されたメールはそのまま送信されるという。

価格は、初期費用が1万800円。月額利用料が1アカウントあたり162円。

(Security NEXT - 2016/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
埼玉県内6自治体のマイナンバー、違法に再委託
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
NTTコム、オフィス入退室や業務端末の認証にマイナンバーカード
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷