Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6000万件から1億件強のDBを保有 - 名簿業者実態調査

消費者庁は、個人情報を販売している「名簿販売事業者」の実態調査を行い、その結果を取りまとめた。あらたなデータが市場へ持ち込まれることは減っているものの、回答した企業の多くは6000万件から1億件強のデータベースを保有していた。

同調査では、名簿の取得や閲覧、コピーサービスのほか、個人情報のデータベース化、リスト化、ダイレクトメール発送、テレマーケティング代行などの事業を展開する事業者を「名簿販売事業者」とし、事業内容や規模から15社を調査対象として選定。そのうち協力が得られた都内の8社に2015年8月から9月にかけてヒアリング調査を行い、その結果を取りまとめた。

取り扱う個人情報は、おもに同窓会名簿や各種団体の会員名簿、人名録など冊子による名簿と、データベース化されたデジタルデータの2種類。データベース化された個人情報については、調査対象の事業者すべてが取り扱っており、6000万件から1億件強を保有している事業者が中心。なかには3億件を扱っている業者もあった。

20160328_ca_001.jpg
名簿販売事業者が取り扱う個人情報の流通形態(図:消費者庁)

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
小学校で児童名簿を紛失、5カ月後の匿名通報で発覚 - 千葉市
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
教職員異動情報を公式発表前に誤って公開、SNSでも拡散か - 新潟日報
中部大でランサムウェア被害 - 不正ログイン後にインストールか
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県