Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6000万件から1億件強のDBを保有 - 名簿業者実態調査

消費者庁は、個人情報を販売している「名簿販売事業者」の実態調査を行い、その結果を取りまとめた。あらたなデータが市場へ持ち込まれることは減っているものの、回答した企業の多くは6000万件から1億件強のデータベースを保有していた。

同調査では、名簿の取得や閲覧、コピーサービスのほか、個人情報のデータベース化、リスト化、ダイレクトメール発送、テレマーケティング代行などの事業を展開する事業者を「名簿販売事業者」とし、事業内容や規模から15社を調査対象として選定。そのうち協力が得られた都内の8社に2015年8月から9月にかけてヒアリング調査を行い、その結果を取りまとめた。

取り扱う個人情報は、おもに同窓会名簿や各種団体の会員名簿、人名録など冊子による名簿と、データベース化されたデジタルデータの2種類。データベース化された個人情報については、調査対象の事業者すべてが取り扱っており、6000万件から1億件強を保有している事業者が中心。なかには3億件を扱っている業者もあった。

20160328_ca_001.jpg
名簿販売事業者が取り扱う個人情報の流通形態(図:消費者庁)

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
イベント申込者情報をサイト上で公開 - 宮崎県立図書館
特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市
退勤直後の深夜コンビニで児童情報など盗難被害 - 京丹後市
卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会
名簿など保育園情報含むUSBメモリが所在不明 - 瀬戸内市
特定健診受診推奨名簿が所在不明 - 五島市
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管