Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、BIソフト「Pentaho」活用したマルウェア感染端末の調査サービス

日立情報通信エンジニアリングは、マルウェアへ感染した端末の特定を支援する「マルウェア感染調査支援」サービスを4月1日より提供開始する。

同サービスは、マルウェアに感染した端末を特定し、特定の根拠となった解析結果をレポートするもの。オープンソースソフトウェアの「Pentaho」を活用し、ネットワーク上のログを解析。感染端末を特定し、根拠となる数値データをグラフ化したレポートを提供する。

同サービスは、同社の脆弱性情報やバグ情報を提供する「セキュリティサポートサービス」のサービスメニューとして展開。年額料金は155万5200円から。

(Security NEXT - 2016/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用