Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、BIソフト「Pentaho」活用したマルウェア感染端末の調査サービス

日立情報通信エンジニアリングは、マルウェアへ感染した端末の特定を支援する「マルウェア感染調査支援」サービスを4月1日より提供開始する。

同サービスは、マルウェアに感染した端末を特定し、特定の根拠となった解析結果をレポートするもの。オープンソースソフトウェアの「Pentaho」を活用し、ネットワーク上のログを解析。感染端末を特定し、根拠となる数値データをグラフ化したレポートを提供する。

同サービスは、同社の脆弱性情報やバグ情報を提供する「セキュリティサポートサービス」のサービスメニューとして展開。年額料金は155万5200円から。

(Security NEXT - 2016/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
マルウェア設定情報の抽出ツールを公開 - JPCERT/CC
無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス