Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、中高生におけるスマホ利用動向の調査レポートを発表

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、「スマートフォンセキュリティ・ワークショップレポート 2015」を公開した。

学生ボランティア団体「Re:inc」と共同で2015年3月から11月にかけて中高生向けワークショップで実施したアンケートの調査結果を取りまとめ、公表したもの。

アンケートには、都内や神奈川県の中高生745人が、利用端末や利用時間、SNSの利用動向や誹謗中傷の経験などスマートフォン利用状況などについて回答した。同レポートは同協会ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2016/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
小中学生の情報モラル診断、「法」に関する知識が低い傾向
【スマホ】約4人に1人が紛失を経験 - 89%が回収
巧妙化進む標的型攻撃、対象者を事前調査か - Android端末もターゲットに
2013年のネットバンク不正送金被害は約14億円、過去最悪 - 6月以降急増
約半数の就活生や社会人、「周囲にSNS炎上リスクない」 - トレンド調査
改正著作権法の認知率は6割超 - 「今後も違法ダウンロードする」8.7%
ファイル共有ソフト利用者、一般消費者は減少するも中高生では増加
約2.2万人のセキュリティ人材が不足 - IPA調査