Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、「Box」「Dropbox」向けにセキュリティサービス

トレンドマイクロは、クラウド向けのセキュリティ対策ソリューション「Trend Micro Cloud App Security」における対応プラットフォームを拡大し、あらたに「Box」「Dropbox」「Googleドライブ」に対応する。

同ソリューションは、クラウドサービス向けのセキュリティ対策サービスで、API連携を利用することで、サンドボックスによる解析やエクスプロイトの検知機能を提供。クラウド上で共有しているファイル操作を可視化できる。

これまで「Office365」のみ対応していたが、国内では3月22日より「Box」と「Dropbox」に対応。また「Googleドライブ」には2016年第2四半期に対応する予定。

(Security NEXT - 2016/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
個人データを匿名加工するクラウドサービス - NTTコム
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出