Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

活発な動きを見せるランサムウェア「Locky」 - 「アフィリエイト」が後押し

ランサムウェア「Locky」の感染活動が過熱している。同マルウェアへ感染させるためのメールが、国内においても大量に出回っており、セキュリティベンダーでは警戒を強めている。

20160309_fn_001.jpg
2016年1月から3月までの国内検知状況(グラフ:フォーティネット)

ランサムウェアの「Locky」は、請求書などを装ったWordファイルをメールで送り付け、同ファイルのマクロにより感染を広げている。日本語を含む多言語展開が確認されている。

フォーティネットジャパンによれば、1月から3月にかけて同社センサーや製品で検知した「Locky」関連のマルウェアは、約100万件にのぼったという。

20160310_fn_001.jpg
Manky氏

おもに同マルウェアを感染させるためにメールで送信された「ダウンローダー」を検知したもので、同社が観測したマルウェアの4分の3近くを占めた。

米Fortinetで、グローバルセキュリティストラテジストを務めるDerek Manky氏は、同ランサムウェアをコントロールしている組織はひとつだが、「アフィリエイト」を展開していることが活発な感染活動の背景にあると指摘。

感染被害者に表示される支払ページにはアフィリエイト参加者のIDが指定されており、復号鍵の購入ごとに料金が発生する「PPP(Pay Per Purchase)」モデルにより攻撃者に収益が分配されるしくみで、アフィリエイト収入をもくろむ攻撃者が複数関与しているという。

同様のアフィリエイトを採用するランサムウェアは「Locky」だけでなく、こうしたビジネスモデルが、昨今のランサムウェア拡大に大きく影響しているとみられており、引き続き注意が必要だ。

(Security NEXT - 2016/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か