Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

滋賀県職員狙うマルウェアメール - 外部関係者に注意呼びかけ

滋賀県は、同県を発信元と装い、マルウェアを送りつけるメールが発生しており、同県以外の組織に対しても同様のメールが送信される可能性もあるとして注意を喚起した。

滋賀県庁のドメインを用いた「documents@pref.shiga.lg.jp」を発信元とするメールが確認されたもの。同県によれば、3月2日2時過ぎから5時過ぎにかけて職員へ立て続けに3通届いたという。職員はいずれも開封しなかった。

メールの件名と本文は英語で記載されており、zipファイルを添付。同県でファイルをVirusTotalで調べたところ、9製品でマルウェアとして判定され、マルウェアと判断した。

今後、同様のメールが県職員以外にも送信される可能性があるとして、同県では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
北朝鮮のトネリングツール「ELECTRICFISH」が明らかに
「SharePoint」脆弱性を狙う攻撃に注意 - 「China Chopper」を展開
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
プリント管理ソフト「PrinterLogic」に複数脆弱性 - パッチは未リリース