Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

滋賀県職員狙うマルウェアメール - 外部関係者に注意呼びかけ

滋賀県は、同県を発信元と装い、マルウェアを送りつけるメールが発生しており、同県以外の組織に対しても同様のメールが送信される可能性もあるとして注意を喚起した。

滋賀県庁のドメインを用いた「documents@pref.shiga.lg.jp」を発信元とするメールが確認されたもの。同県によれば、3月2日2時過ぎから5時過ぎにかけて職員へ立て続けに3通届いたという。職員はいずれも開封しなかった。

メールの件名と本文は英語で記載されており、zipファイルを添付。同県でファイルをVirusTotalで調べたところ、9製品でマルウェアとして判定され、マルウェアと判断した。

今後、同様のメールが県職員以外にも送信される可能性があるとして、同県では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
PHP脆弱性「CVE-2018-17082」 - キャッシュ汚染のおそれ
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を