Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー制度に8割超が不安 - 「期待」は4割届かず

8割を超える消費者が、マイナンバー制度に不安を感じていることがわかった。プライバシー侵害や不正利用に懸念を抱いているという。

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が、マイナンバーなどに関する意識についてアンケート調査をインターネットを通じて実施し、結果を発表したもの。20代から60代の男女1000人が回答した。

「期待できない、もしくは不安である」との回答は48.7%と半数近くにのぼり、「期待しているが不安もある(34.2%)」とあわせると、82.9%が制度に不安を感じていた。一方、マイナンバー制度に対し「期待している」は5.4%にとどまった。

具体的にどのような不安を感じているか尋ねたところ、すべての年代で「個人情報が漏洩し、プライバシーが侵害される」が最多。特に40代と50代で7割を超えている。「不正利用によりなりすまし被害に遭う(51.1%)」「行政機関が適切に管理できるか不安(45.4%)」との声も目立った。

個人情報の取り扱いについて行政に期待することでは、「セキュリティ対策の強化」が58%でもっとも多い。「いつ誰がどのような情報を見たかわかるようにする(42.2%)」「不正利用や情報漏洩の罰則を強化する(42.1%)」が続いた。

個人番号カードの申請状況については、14.4%が「申請した」と回答。「今後申請するつもり」は22.4%で、あわせて36.8%だった。

(Security NEXT - 2016/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市