Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、セキュリティ体制の機能強化に関する方針を発表

政府は、第6回目となるサイバーセキュリティ戦略本部の会合を開催し、サイバーセキュリティの推進体制について強化する方針を決定した。

深刻化が進むサイバー攻撃に備え、政府機関をはじめとしたサイバーセキュリティ推進体制をさらに強化する具体的な方向性について定め、取組強化策を決めたもの。

まず不正な通信の監視や解析について、対象範囲をこれまでの政府機関にくわえ、独立行政法人と指定法人まで拡大する。

次に人材育成に注力。内閣サイバーセキュリティセンターの要員増強を図り、各府省庁においては「情報セキュリティ・情報化推進審議官(仮称)」を設置する。また2015年度末をめどに「サイバーセキュリティ人材育成総合強化方針(仮称)」を策定したい考え。

さらに大規模なサイバー攻撃に備えた官民の連携体制の構築を目指し、関係機関の情報共有や連携を強化。インシデント発生時における迅速な初動態勢を整備する。また重要インフラに関しては、事業者で実際に障害が発生した場合、影響を最小限に抑えるため対応を支援する。

くわえて1月より本格運用を開始したマイナンバー事業や、2020年に控えた東京オリンピックをはじめとする国際的なイベントでのセキュリティ確保に向けた取組を推進していく。

(Security NEXT - 2016/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
「NIST SP800-171」準拠の支援サービス - ニュートン
政府「クラウド安全性評価」の取りまとめ案で意見募集
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
日本IT団体連盟、「サイバーセキュリティ委員会」を設置
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
北朝鮮「HIDDEN COBRA」関与のトロイの木馬「HOPLIGHT」 - 米政府がIoC公開
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例