Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽三井住友銀からのSMSに注意 - PW失効と偽って詐欺サイトへ

携帯電話やスマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)を用いて、三井住友銀行の偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されている。

20160122_ap_001.jpg
SMSを用いたフィッシング(画像:フィッシング対策協議会)

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシングは、オンラインバンキングのパスワードが「翌日に失効する」といった内容のSMSを送り付け、記載したリンクからフィッシングサイトへ誘導する手口。アカウント情報や口座番号、暗証番号などが詐取されるおそれがある。

1月22日の時点でフィッシングサイトの停止が確認されているが、SMSを用いた手口は、これまでほかの金融機関でも確認されており、今後も類似の攻撃に注意する必要がある。

(Security NEXT - 2016/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
2段階フィッシング、偽ポータルから30の偽金融機関サイトに誘導
りそなグループ狙うフィッシング - SMSで偽サイトに誘導
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
不正決済機能を備えた「カメラアプリ」がGoogle Playに
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か