Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ連携アプリの開発者情報がネット経由で閲覧可能に - デンソー

デンソーは、同社サイトへ登録していたスマートフォンアプリ開発者の個人情報が、一時インターネット経由で閲覧可能だったことを明らかにした。

閲覧できる状態だったのは、同社が提供するカーナビユーザー向けスマートフォンアプリ「NaviCon」の連携アプリ開発者向けサイトに登録していた関係者371人分の個人情報。2015年12月30日に外部から指摘があり、問題が判明した。

2016年1月6日に調査を行ったところ、アプリ開発者リストのファイルを、2014年3月に構築した開発者向けのAPI提供サイトへ誤って保存しており、同サイトを閉鎖した1月6日までリストが閲覧できる状態だった。リストには、アプリ開発者371人分の氏名やメールアドレス、登録日時、登録用途、会社名などが含まれる。

同社ではサイトを閉鎖。検索サイトにキャッシュの削除を依頼し、11日時点で検索結果に表示されないことを確認したという。同社では、対象となる開発者にメールで事情を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2016/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市