Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジェイズ、安全なウェブ閲覧環境を提供するソフトウェア

ジェイズ・コミュニケーションは、サーバ上でブラウザを実行し、安全なウェブ閲覧環境を提供する「SCV」を提供開始した。

同製品は、Linuxサーバの仮想領域でウェブブラウザを実行し、クライアント環境に画面を転送するソリューション。利用ユーザごとにプロファイルを保存し、コピー&ペーストやファイル転送の可否を設定できる。

サーバ単位のソフトウェアライセンスで提供し、価格は50ユーザーのSmallパックが150万円。100ユーザーのStandardパックが250万円。オプションとしてマネージドサービスも提供する。

また同社はサイバーソリューションズと協業。同製品とサイバーソリューションズが提供するLGWAN内メールサーバへのメール無害化転送機能を連携させた「メール・Web無害化対策ソリューション」を地方自治体向けに展開していく。

(Security NEXT - 2016/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携