Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Instagram」にアダルトサイト誘導アカウントが出没 - 覚えない「いいね」に注意

写真共有サービス「Instagram」において、アダルトサイトへ誘導するために作成された不正アカウントが確認されている。海外の事例だが国内でも同様の手口が広がる可能性もあり注意が必要だ。

米Symantecによれば、2015年11月ごろから不正なアカウントを作成し、それらアカウントのプロフィールページより不正サイトへ誘導する手口が増加しているという。

写真に「いいね」を付けたり、フォローすることでユーザーに近づき、興味を持ったユーザーをプロフィールに誘導。記載したリンクなどをクリックさせようとしていた。

不正アカウントのプロフィールや投稿には、他ユーザーから盗用した画像などを利用。同社が確認した限り、3パターンが見られたが、いずれも誘導先はアダルトサイトで、アフィリエイトプログラムによる報酬が目的だったと見られている。

同社は、見知らぬユーザーからのアクションに対して用心が必要と指摘。不正なアカウントを見つけた場合は、Instagramに報告するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
「カードが虐待されている」? - セゾンカード装うフィッシング攻撃に注意