Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Instagram」にアダルトサイト誘導アカウントが出没 - 覚えない「いいね」に注意

写真共有サービス「Instagram」において、アダルトサイトへ誘導するために作成された不正アカウントが確認されている。海外の事例だが国内でも同様の手口が広がる可能性もあり注意が必要だ。

米Symantecによれば、2015年11月ごろから不正なアカウントを作成し、それらアカウントのプロフィールページより不正サイトへ誘導する手口が増加しているという。

写真に「いいね」を付けたり、フォローすることでユーザーに近づき、興味を持ったユーザーをプロフィールに誘導。記載したリンクなどをクリックさせようとしていた。

不正アカウントのプロフィールや投稿には、他ユーザーから盗用した画像などを利用。同社が確認した限り、3パターンが見られたが、いずれも誘導先はアダルトサイトで、アフィリエイトプログラムによる報酬が目的だったと見られている。

同社は、見知らぬユーザーからのアクションに対して用心が必要と指摘。不正なアカウントを見つけた場合は、Instagramに報告するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意