Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校児童の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野市

長野市は、市内小学校の教諭が児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したと公表した。氏名は含まれないが、所見などを記載していたという。

同市によれば、2015年12月17日に教諭が学級通信を作成するためUSBメモリを使用しようとしたところ、紛失が判明したもの。教諭は自宅などを捜索したが見つからず、21日に校長に報告した。

紛失したのは業務用のUSBメモリで、児童14人分の通知表所見の下書きを保存。氏名は含まれておらず、児童2人の学習や生活の様子などが記載されたメモも保存されていた。1人は氏名、1人はイニシャルが記載されていたという。

(Security NEXT - 2016/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大