Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、実践演習で学ぶサイバー攻撃対応人材の育成サービス

大日本印刷(DNP)は、組織においてサイバー攻撃へ対応できる人材を育成する新サービスを2016年3月より開始する。

同サービスは、企業や組織を狙った攻撃などインシデントへ対応する能力を持った技術者を養成するもので、同社が取り扱うイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)製の訓練システム「TAME Range」を活用。受講者はチームを編成し、実践的な演習を通じてインシデント対応の基本や応用を学ぶという。

5日間の演習で、料金は1人あたり70万円となる予定。今後は、基礎レベルのセキュリティ技術を習得するコースや、利用者のニーズにあわせたコースなどを新設する予定。同社は、2020年度までに30億円の売上を目指して事業を展開していく。

(Security NEXT - 2015/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【特別企画】内部に潜伏する未知の脅威への対策 - ある通信キャリアが打った「先手」とは?
クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
ダークウェブの情報収集を産官学で共同研究 - 神奈川県警ら
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果