Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去1年に8.1%がマルウェア感染 - 「ランサムウェア」被害は0.3%

31.2%のユーザーが、過去1年間に、情報セキュリティに関するなんらかの被害やトラブルに遭遇したことが情報処理推進機構(IPA)の調査でわかった。

同機構が、13歳以上のパソコンやスマートデバイスなどのインターネット利用者を対象に、ウェブ上で10月7日から18日にかけてアンケート調査を実施したもの。有効回答数は5000人。

過去1年間に情報セキュリティに関する被害やトラブルに遭遇したとの回答は31.2%。事象別に見ると「まったく知らない差出人から大量のメールが送られてきた」が13.1%で最多だった。

次点は「急にパソコンの動作が重くなったり、動かなくなった(10.9%)」。さらに「コンピュータウイルスに感染した(8.1%)」「身に覚えのない料金の支払いを請求するメールが送られてきた(5.7%)」が続く。いずれも2014年の調査結果を下回った。

また今回の調査から、「パソコンのファイルが勝手に暗号化され開けなくなった」というランサムウェア被害に関する項目が追加されたが、0.3%が被害を経験していたという。

過去1年間に被害に遭ったと回答した1558人のうち、金銭的被害に及んだのは3.7%(58人)。2014年調査の3.5%をわずかに上回った。年代別では20代が6.6%とほかの年代に比べて高い。

被害額の平均は5万4523円で、前回の8万6629円から減少。1万円未満の被害が46.6%で、前回の39%から増加した。1万円から5万円未満が32.8%、5万円から10万円未満、10万円以上が各10.3%だった。被害額の最高額は100万円だった。

(Security NEXT - 2015/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2019年2Qのクレカ不正被害額68.5億円 - 番号盗用被害が微減
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多