Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都女子大のメールサーバに不正アクセス - 迷惑メールの踏み台に

京都女子大学のメールサーバが不正アクセスを受け、約3万9000通の迷惑メール送信に悪用されていたことがわかった。

同大によれば、教職員3人のメールアカウントが乗っ取られたもので、12月10日0時半前から17日16時半過ぎにかけて、同大メールサーバが約2700回にわたりアクセスがあり、約3万9000通の迷惑メールが送信されたという。

17日0時に同大学のネットワーク管理者が問題に気付き、大学内の情報システムセンターが調査を実施。16時40分に対象アカウントのパスワードを変更した。関係者に対して厳重注意を行うとともに、学生や教職員へパスワード管理の徹底を求めた。

同大では、今回被害に遭ったアカウント以外のシステムに関しては、不正侵入や情報の改ざん、漏洩について否定している。

(Security NEXT - 2015/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス