Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都女子大のメールサーバに不正アクセス - 迷惑メールの踏み台に

京都女子大学のメールサーバが不正アクセスを受け、約3万9000通の迷惑メール送信に悪用されていたことがわかった。

同大によれば、教職員3人のメールアカウントが乗っ取られたもので、12月10日0時半前から17日16時半過ぎにかけて、同大メールサーバが約2700回にわたりアクセスがあり、約3万9000通の迷惑メールが送信されたという。

17日0時に同大学のネットワーク管理者が問題に気付き、大学内の情報システムセンターが調査を実施。16時40分に対象アカウントのパスワードを変更した。関係者に対して厳重注意を行うとともに、学生や教職員へパスワード管理の徹底を求めた。

同大では、今回被害に遭ったアカウント以外のシステムに関しては、不正侵入や情報の改ざん、漏洩について否定している。

(Security NEXT - 2015/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
市健診サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 尼崎市
東芝グループ会社に不正アクセス - メール情報流出の可能性
ポルシェジャパンに不正アクセス、顧客情報2.8万件が流出 - 独親会社からの指摘で判明
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
ネットショップ運営サービスに不正アクセス - ショップ運営者や顧客情報が流出か
教員の私用メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 滋賀県立大
革製品販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性