Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約90秒でICキャッシュカードをセルフ発行できるシステム - 凸版印刷

凸版印刷は、金融機関の店頭端末で、利用者自身の作業によりICキャッシュカードを即時発行できるシステム「Toppan ACIS-BS-SOC」を開発した。2016年中に販売開始する予定。

同システムは、金融機関が店頭で対応していたICキャッシュカードの発行作業を、利用者自身の操作により簡単に発行できるシステム。利用者は申込時に受け取った問い合わせ番号と暗証番号を入力。免許証などの本人確認書類を読み込むことで、約90秒でカードの発行が可能だという。

金融機関のホストから送られるキャッシュカードの発行情報をもとに、トッパングループ・データセンターがカード発行情報を生成するASPサービスも用意。発行機は1台250万円から。初期導入費用は3000万円から。同社では、2017年度に10億円の売上げを目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀