Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCの挙動を監視、脅威を検知する新製品 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、エンドポイントの挙動やネットワーク監視製品との連携により脅威を検知するセキュリティ製品「Trend Micro Endpoint Sensor(TMES)」を11月25日より提供開始する。

同製品は、標的型攻撃など高度な攻撃を検知するためのエンドポイント向けソフトウェア。エンドポイントにインストールするエージェントと、管理するマネージャソフトウェアで構成されている。

エージェントソフトが、エンドポイント内でのレジストリ変更やプロセスの生成、権限昇格といった挙動を記録。同社のネットワーク監視製品との連携などにより、不審な活動を可視化、解析することで脅威を検知する。

価格は、100ライセンスを購入した場合、初年度98万2800円から。同社では、今後3年に10億円の売上げを目指す。また同社は、同製品について「ウイルスバスター コーポレートエディション」や解析製品との連携など、機能拡充を進めていく予定。

(Security NEXT - 2015/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供