Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャパンネット銀行の偽サイトに注意 - 中国語含むSMSで誘導

「ジャパンネット銀行」を装うフィッシングサイトが確認された。11月12日午前中の時点で稼働を確認しており、関連機関が注意を呼びかけている。

20151112_ap_001.jpg
SMSメッセージ(画像:フィッシング対協)

フィッシング対策協議会によれば、今回確認された手口はSMSメッセージで偽サイトへ誘導する手口。「トークンシリアルの失効、セキュリティ強化のため更新必要」などと説明し、不安を煽る内容となっている。

メッセージでは、「失効」の表現で国内で利用しない「失效」と中国語が用いられており、日本語を母国語としない人物が関与していると見られる。

問題のフィッシングサイトは、11月12日午前中の時点で稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。オンラインバンキングの利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など