Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャパンネット銀行の偽サイトに注意 - 中国語含むSMSで誘導

「ジャパンネット銀行」を装うフィッシングサイトが確認された。11月12日午前中の時点で稼働を確認しており、関連機関が注意を呼びかけている。

20151112_ap_001.jpg
SMSメッセージ(画像:フィッシング対協)

フィッシング対策協議会によれば、今回確認された手口はSMSメッセージで偽サイトへ誘導する手口。「トークンシリアルの失効、セキュリティ強化のため更新必要」などと説明し、不安を煽る内容となっている。

メッセージでは、「失効」の表現で国内で利用しない「失效」と中国語が用いられており、日本語を母国語としない人物が関与していると見られる。

問題のフィッシングサイトは、11月12日午前中の時点で稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。オンラインバンキングの利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も