Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple ID」狙うフィッシング攻撃の報告が増加

10月は、フィッシング攻撃の報告件数が減少する一方、「Apple ID」の窃取を試みるフィッシングの動きが目立っている。

フィッシング対策協議会によれば、同協議会へ10月に寄せられたフィッシングの報告件数は、前月から118件減となる219件だった。

2015年の推移を見ると、上半期は増減が激しく、1月や4月に一時2000件を超えたが、下半期に入ると落ち着きを見せて1000件以下で推移。特に8月以降は500件を下回っている。

なかでも10月は、オンラインゲーム関連のフィッシングが前月の240件から117件へと半減した。一方で、Apple IDを窃取するフィッシングが目立っており、報告件数は52件にのぼる。同協議会では、注意喚起などを行い、警戒を呼びかけている。

フィッシングサイトに利用されたURL件数は98件で、前月の99件からほぼ横ばいとなった。フィッシングに悪用されたブランド件数は、前月から1件減少して15件だった。

(Security NEXT - 2015/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に