Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、複数端末間でP2P VPNを実現するソリューション

大日本印刷(DNP)は、複数の通信機器間におけるVPNを低価格で構築できる「DNP Multi-Peer VPN」を開発した。

20151029_dn_001.jpg
利用イメージ(図:DNP)

同製品は、中継サーバを経由せずに端末間で接続できるVPN環境を構築できるソリューション。ソフトウェア開発キット(SDK)と、クラウドまたはオンプレミスで利用できるVPNマネジメントサーバで構成される。

アプリやモバイル機器に組み込み、端末をVPNマネジメントサーバに事前登録することで複数の機器を自動的に認証。VPNによる通信が可能となる。

IDあたりの月額料金は、10のIDで利用する場合は432円。1万の場合は54円。運用には別途サーバが必要。同社では、2018年度の1年間で7億円の売上げを目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WS 2008」のセキュリティ診断付きAzure移行支援サービス
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化