Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

表計算ソフトのソートミスでメールに別人の個人情報 - 文化放送

文化放送は、イベントの当選通知メールを送信した際、操作ミスにより個人情報が漏洩したことを明らかにした。

10月に後楽園で開催される声優イベントの当選者へメールで通知する際にミスが発生したもの。当選者700人のデータを作成する際、表計算ソフトのソート操作を誤り、メールアドレスと名前や住所が一致しない状況となったが、気が付かずに9月7日にメールを送信した。

送信作業を行っている際に、受信した当選者から連絡があり問題が判明。別の当選者の氏名や住所、年齢、性別などが記載された状態で360人に送信しており、43件の問い合わせが寄せられたという。

同社ではすべての当選者にメールで謝罪。当選者リストの修正を行ったうえで当選メールを再度送信した。また漏洩の対象者には電話で連絡を取り、メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2015/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドラマ「下町ロケット」エキストラのメアド流出 - TBS
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
GWパンダ観覧券の一部で他当選者名を記載 - 上野動物園
豊洲市場見学会で個人名含むメールを参加者に誤送信
スマホゲームのプレゼント企画でメール誤送信
クイズ当選者の個人情報含むPCを紛失 - 産経新聞
顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社
「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
顧客の個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - エコランド
一部無関係の住所を誤記載したハガキを発送 - 味の素