Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市

神奈川県鎌倉市は、放課後子どもひろばだいいち・だいいち子どもの家「うみがめ」の指定管理者が送信した体験プログラムの抽選結果メールに、別の当選者の氏名を記載する事故があったことを明らかにした。

同市によれば、4月30日11時半ごろ、指定管理者が体験プログラムの抽選結果を当選者18人にメール送信したところ、同メール内に別人の氏名を誤って記載したという。1時間後、受信者から問い合わせがあり判明した。

指定管理者では、氏名が記載された当選者に対し、経緯を説明するとともに謝罪。また、誤送信先にも電話で連絡し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2024/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
「FortiOS」に5件の脆弱性 - アップデートで修正
サーバにランサム攻撃、業務に影響はなし - オイレス工業
ランサム被害による個人情報流出を確認 - 岡山県精神科医療センター
申込用に公開した表計算ファイルに個人情報 - 都立豊島病院
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ