Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアが増加傾向 - 前年同期比で127%増

2014年後半からランサムウェアの増加傾向が続いており、2015年第2四半期は前期より100万件以上の伸びを見せ、400万件を超えたことがわかった。

マカフィーが2015年第2四半期の脅威状況をまとめたもの。あらたに同社のデータベースに登録されたマルウェアは4500万件を上回っており、累計数は前四半期から12%増となる4億3300万件超。

モバイルを対象としたマルウェアもあらたに約120万件が発生し、前期から17%増加した。累計件数は800万件を突破している。感染率に関しては1%減少した。

なかでも活発な動きを見せているのがランサムウェアで、増加傾向は2013年後半から続いており、特に2015年に入ってから顕著だという。第1四半期は300万件強だったが、第2四半期には400万件を突破。前年同期比127%増となった。「CTB-Locker」や「CryptoWall」などの急増が原因だという。

(Security NEXT - 2015/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も