Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8割がマルウェア感染による個人情報流出に不安

マルウェア感染による個人情報の流出やなりすましへ不安が高まっている。今後インターネット犯罪が増えると考えている人も9割以上にのぼる。

政府が7月2日から12日にかけて、全国20歳以上で日本国籍を有する3000人を対象に、調査員による個別面接により意識調査を実施したもの。有効回答数は1722。

インターネット利用について不安はあるか聞いたところ、「不安がある(28%)」と「どちらかといえば不安がある(28.3%)」をあわせた56.4%が、不安を持っていることがわかった。

2007年11月の前回調査では45.4%だったが、今回の調査では5割を越えている。女性の方が割合が高く、年齢別では50代から60代の割合が高い。

何に不安を感じるかでは、「マルウェア感染による個人情報の流出」が77.3%ともっとも高く、「パスワードなどが無断で他人に利用される不正アクセス」も61.4%と半数を超えた。

このほか、「ウェブ閲覧による架空、不当請求(49.5%)」「マルウェア感染によるデータ破壊(45.9%)」「インターネットショッピングやオークションによる詐欺(44.3%)」を挙げる声が目立った。

またインターネットを利用した犯罪が今後増えると思うか尋ねたところ、増えるとの回答が93.2%にのぼり、「変わらない」「減る」という回答を大幅に上回った。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータ認証情報、約7割が初期設定のまま - 44%はファームウェア認知せず
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
Linux向けダウンローダーの約99%がコインマイナー感染狙い
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増