Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

合宿中に預かった生徒の携帯電話などが盗難 - 早稲田アカデミー

早稲田アカデミーは、夏期合宿中に受講者から預かった携帯電話や財布などの貴重品が盗難被害に遭ったことを明らかにした。

盗難が発生したのは、8月8日から12日にかけて、長野県志賀高原において中学3年生を対象に実施された勉強合宿。受講者4174人が16のホテルにわかれて宿泊したが、そのうちの1件のホテルで盗難が発生したという。

受講者325人から貴重品を預り、スタッフの詰め所に利用していたホテル内の多目的スペースにまとめて保管していたが、8月9日7時ごろになくなっていることが判明した。所在を確認した8月9日2時以降の行方がわからず、何者かが持ち去ったと見られる。

被害は316人分の財布や携帯電話118台などで、捜索したが発見できず、警察に通報した。貴重品を保管していた場所は施錠できるスペースではなく、夜間の3、4時間は無人になることがあったという。

同社では被害について補償するとともに、携帯電話の盗難にともなう個人情報流出のリスクにも対応する。また、貴重品の管理方法について抜本的な見直しを図るとしている。

(Security NEXT - 2015/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産
公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県