Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ2015」でパブコメ実施

政府は、第4回サイバーセキュリティ戦略本部会合を開催し、「サイバーセキュリティ2015」のパブリックコメント案を決定した。現在意見を募集している。

「サイバーセキュリティ2015」は、「サイバーセキュリティ戦略」に従い、政府が2015年度に実施する具体的な取り組みについてまとめた年次計画。政府機関をはじめ、重要インフラ事業者や企業、個人と連携し、取り組みを推進するとしている。

具体的には、「経済社会の活力の向上および持続的発展」として、安全なIoTシステムの創出や、セキュリティマインドを持った企業経営の推進、セキュリティに関するビジネス環境の整備などを目指す。

また「国民が安全で安心して暮らせる社会の実現」として、マルウェアに感染したユーザーを検知し、マルウェアの除去などを促す取り組みを実施するほか、政府や重要インフラの安全対策を推進。

さらに「国際社会の平和、安定及びわが国の安全保障」として、警察によるサイバー攻撃対策の訓練や、内閣官房によるカウンターインテリジェンスなどに取り組む。国際法の適用や国際的なルール、規範作りなどへ積極的に関与していくほか、包括的な日米サイバー防衛の連携、各国との協力連携などを進める。

また横断的な施策として、サイバー攻撃の観測や分析技術、暗号基盤技術に関する研究開発など進めるほか、さまざまな領域の研究との連携などを推進。人材育成に取り組む。

パブリックコメント案に対する意見は、メールや電子政府窓口「e-Gov」、ファックス、郵送で受け付ける。締め切りは9月3日17時。郵送の場合は同日必着となる。

(Security NEXT - 2015/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2019年度に実施すべきサイバーセキュリティ施策は - 政府が意見募集
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」
「インターネットの安全・安心ハンドブック」に新版 - PDFや電子書籍、アプリで配布
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
IPAと経産省、セキュリティに関する交流イベント
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
米司法省、APT 10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害