Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関西広域連合のサイトに不正アクセス - 検索サイトの警告で気づく

関西広域連合のウェブサイトが不正アクセスを受け、サーバに複数の不正なファイルが設置されていたことがわかった。

8月12日に職員が検索サイトで同連合のウェブサイトを検索したところ、警告メッセージが表示されたことから調査を実施。サイトが不正アクセスを受けたことが判明したという。

今回の不正アクセスにより、サイトを管理しているサーバに複数の不正なファイルが設置されたという。サーバ内には、メールマガジン登録者のアドレス1165件が保存されていた。

具体的被害は確認されていないが、詳細について調査を進めている。またサイトに関しては8月17日より順次再開している。

(Security NEXT - 2015/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か
産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社