Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップデートがシンプルになった「Windows 10」 - WU経由のみに

日本マイクロソフトは、8月12日にセキュリティ更新プログラムを公開した。今回より7月にリリースした「Windows 10」に対しても更新が提供されている。複数の脆弱性に対応するものだが、プログラム自体は1件へ集約され、従来よりシンプルになった。

8月の月例パッチでは、14件のセキュリティ更新が公開されたが、そのうち「MS15-079」「MS15-080」「MS15-085」「MS15-088」「MS15-091」「MS15-092」の6件が「Windows 10」にも関連した更新。

従来、それぞれの更新ごとにプログラムが用意されていたが、「Windows 10」に関しては累積的な更新として1件のプログラムパッケージとして提供。また脆弱性の修正だけでなく、不具合の解消なども含まれるという。また入手手段は「Windows Update」のみに限定される。

また「Windows 10 Homeは、アップデートをスキップすることはできず、つねに最新の状態へアップデートされる。また「Windows 10 Pro」「Windows 10 Education」については延長できるものの、期間が制限されている。

(Security NEXT - 2015/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バッファローのネットワークカメラ「WNC01WH」に脆弱性
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
政府統計システムから個人情報2.3万件が流出か - 原因はStruts2脆弱性
Oracle、定例更新で「Java SE」の脆弱性8件を修正
Oracleが定例パッチをリリース - 脆弱性299件に対応
「Drupal」のRESTモジュールに深刻な脆弱性 - 影響考慮し非サポート版向けにも更新
帳票ツール「風神レポート」のビューアソフトに脆弱性
IIJ製ルータ「SEILシリーズ」にサービス拒否の脆弱性 - 修正版ファームウェアが公開
「花子」など複数のジャストシステム製品に脆弱性 - 悪用は未確認
VMware、「Workstation」など複数製品に深刻な脆弱性