Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップデートがシンプルになった「Windows 10」 - WU経由のみに

日本マイクロソフトは、8月12日にセキュリティ更新プログラムを公開した。今回より7月にリリースした「Windows 10」に対しても更新が提供されている。複数の脆弱性に対応するものだが、プログラム自体は1件へ集約され、従来よりシンプルになった。

8月の月例パッチでは、14件のセキュリティ更新が公開されたが、そのうち「MS15-079」「MS15-080」「MS15-085」「MS15-088」「MS15-091」「MS15-092」の6件が「Windows 10」にも関連した更新。

従来、それぞれの更新ごとにプログラムが用意されていたが、「Windows 10」に関しては累積的な更新として1件のプログラムパッケージとして提供。また脆弱性の修正だけでなく、不具合の解消なども含まれるという。また入手手段は「Windows Update」のみに限定される。

また「Windows 10 Homeは、アップデートをスキップすることはできず、つねに最新の状態へアップデートされる。また「Windows 10 Pro」「Windows 10 Education」については延長できるものの、期間が制限されている。

(Security NEXT - 2015/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性