Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュキャン全国大会2015応募者、前年比24%減 - 応募倍率は4.56倍

情報処理推進機構は、8月11日より開催される「セキュリティ・キャンプ全国大会2015」の参加者動向について発表した。

同イベントは、サイバーセキュリティの知識と技術を学ぶ学生を対象とした合宿イベント。8月11日から4泊5日の日程を予定している。2004年度より毎年開催されており、これまでの参加者は500名近くに及ぶ。

2015年度より、複数分野の技術を横断的に習得できるよう、従来のクラス制からトラック制に変更。「高レイヤー」「低レイヤー」「検知」「解析」の4トラックを用意。38種類の講義から最大11講義を受講できる。

今回の応募者は、前年比24%減となる228名で、男性46名、女性4名のあわせて50名を選抜。倍率は4.56倍だった。22都道府県から参加し、東京都の9名が最多。神奈川県の5名、千葉県や大阪府が4名と続いた。大学生が全体の7割を占めており、最年少は13歳だった。

(Security NEXT - 2015/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
「セキュキャン」修了生の活躍を紹介するイベント - IPA
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者
セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供
「セキュキャン2017」が参加者募集を開始 - 単一テーマ取り組む「集中コース」も
IPA、「セキュキャン2017」会場の事前確認公募を開始
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も