Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発終了した施設予約管理用CGIプログラムに複数の脆弱性

ディーアイシーが提供していた施設予約管理用CGIプログラム「yoyaku_v41」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。すでに開発は終了しており、利用の中止が推奨されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、リモートより任意のファイルを作成できる脆弱性「CVE-2015-2977」や認証が回避される脆弱性「VE-2015-2978」、OSコマンドが実行できる脆弱性「CVE-2015-2979」などが明らかとなったもの。

これら脆弱性は、馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。すでにディーアイシーでは、製品の開発や配布を終了しているとして、利用の中止が推奨されている。

(Security NEXT - 2015/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性