Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報がネット上に公開される、内部から持ち出しか - エネット

新電力会社のエネットは、同社の顧客345社の情報が記載されたファイルが、外部サイトで公開されていたことを明らかにした。内部関係者によって持ち出され、公開された可能性があるという。

2005年12月時点で同社と契約していた345社724施設の契約者名、契約対象ビル名、契約電力などの情報が記載されたファイルが、3月8日からウェブサイト上で公開されていたもの。7月21日に外部から指摘を受けて問題に気が付いた。

外部からアクセスして閲覧できる状態となっており、同社では指摘を受けた7月21日にサイトの管理者に依頼し、同日削除を確認した。しかし、翌22日には同じファイルが別のサイトに再び掲載されたという。同社は削除を再度依頼、翌23日には削除されたという。

同社では、2007年11月から顧客情報を専用システムで管理し、アクセス権を持つ従業員のみ閲覧可能としている。今回流出が確認された情報はそれ以前のもので、当時は全従業員が、データを保存していたファイルへアクセス可能であり、内部から持ち出された可能性がある。

同社では、警察へ被害を相談。対象となる顧客に説明と謝罪を行うとしている。流出した情報の不正利用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2015/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市