Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地域共生事業の参加申込フォームに不備、個人情報が流出 - 鎌倉市

神奈川県鎌倉市は、地域共生に向けて同市で実施している「鎌倉版フォルケホイスコーレ事業」の参加申し込みフォームに不備があり、個人情報が流出したことを明らかにした。

同事業の運営業務を委託しているアカデミック・リソース・ガイドが、Googleフォームで作成した参加申し込みページの設定に不備があり、個人情報が閲覧できる状態となっていたもの。10月20日13時半ごろ、ページの閲覧者より同市に連絡があり問題が判明した。

閲覧可能となっていた個人情報には、申込者19人の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、健康上の留意点が含まれる。さらに緊急連絡先19人の氏名、電話番号、申込者との続柄などが記載されていた。

問題の発覚を受け、委託先では参加申し込みページにおいて、個人情報を閲覧できないよう設定を変更。対象となる申込者と緊急連絡先に対して謝罪した。

(Security NEXT - 2023/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ