Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府に対する脅威の検知は約399万件 - 標的型攻撃の通報が3倍に

政府に対するサイバー攻撃の脅威が増している。2014年度の通報件数は前年比2倍へ増加しており、標的型攻撃メールに関しては3倍へと急増した。

政府が2014年度の年次報告として取りまとめたもの。政府機関情報セキュリティ横断監視・即応調整チーム(GSOC)が各省庁に設置したセンサーで検知した脅威は約399万件だった。

軽微な攻撃を判定対象からはずしたことから、件数そのものは前年の約508万件を下回る結果となったが、脅威については深刻さを増しているという。

またセンサーの監視による通報件数は264件で前年の139件から倍増。約4割を標的型攻撃メールが占めており、標的型攻撃メールに関しては、前年比3倍へと大きく拡大した。また不審メールに対する注意喚起を789件実施したという。

また政府は、7月23日に開催されたサイバーセキュリティ戦略本部の第3回会合で、5月の第2回会合でまとめたあらたなサイバーセキュリティ戦略案の見直しについて議論した。

6月に日本年金機構の個人情報流出が判明するなど、サイバー攻撃がますます巧妙化しているとして、セキュリティ対策の抜本的な強化が必要であるとして見直しを検討している。

(Security NEXT - 2015/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
IoCによる標的型攻撃対策に限界 - Kasperskyが事例挙げて指摘
公取委、「デジタルプラットフォーマー」の個人情報取得で指針案 - パブコメ実施
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明
カスペ、パートナーがソースコードをレビューできる施設 - 欧州で2カ所目