Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全衛生技術試験協会のサイトが改ざん - Flash脆弱性でマルウェア感染

ボイラー技士やクレーン運転士、衛生管理者、労働安全コンサルタントなどの免許試験を実施する安全衛生技術試験協会のウェブサイトが不正アクセスを受け、一部コンテンツが改ざんされたことがわかった。閲覧によりマルウェアに感染する可能性があったという。

同協会のウェブサーバが不正アクセスを受け、サイトの一部コンテンツが改ざんされたことが7月10日に判明したもの。同日12時から17時半ごろにかけて細工された「swfファイル」やマルウェアの実行ファイルがサーバ上に保存されていた。

「Internet Explorer」において、セキュリティアップデート「APSB15-16」以降へ更新していない「Flash Player」がインストールされた状態で同協会サイトにアクセスすると、マルウェアへ感染するおそれがあったという。

同協会では今回の不正アクセスを受け、具体的な原因や具体的な対応方法など調査を進めるとともに、心当たりがあるウェブサイトの利用者に対し、セキュリティ対策ソフトなどを用いて、マルウェアへ感染していないかスキャンを実施するよう呼びかけている。試験の合格者番号発表サービスを当面の間停止する予定。

(Security NEXT - 2015/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 「IE」や「Edge」同梱版は早急に更新を
MS、脆弱性80件を月例パッチで解消 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、月例セキュリティ更新で「緊急」25件含む脆弱性48件を解消
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリース - 深刻な脆弱性へ対応
MS、月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性54件を解消
2020年末に「Flash」のサポート終了 - Adobeが表明
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
MS、月例セキュリティ更新をリリース - 最大深刻度「緊急」18件含む脆弱性96件を修正
「Adobe Flash Player」に9件の深刻な脆弱性 - 72時間以内にアップデートを
無線LAN機能を備えた東芝製「FlashAir」に複数の脆弱性