Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【偽IPA注意】脆弱性情報で誘う「メール添付ファイル」、実はマルウェア

セキュリティ情報を発信する情報処理推進機構(IPA)を装い、マルウェアへ感染させようとする悪質なメールが確認された。安易に添付ファイルを開いたり、URLをクリックするとマルウェアへ感染するおそれがあり、注意が必要だ。

情報処理推進機構(IPA)によれば、7月17日に外部より情報提供を受け、判明したもの。同機構が7月15日に発表した脆弱性の注意喚起情報を悪用しており、同機構が発行するニュースメールの体裁に見せかけた「偽メール」が送り付けられたという。

実際のニュースメールと異なるのは、フリーメールが用いられて送信されており、zipファイルが添付されていた点。メールの本文では脆弱性に関する説明を行い、セキュリティ情報や脆弱性情報へ関心がある人に添付ファイルを開封するよう促していた。

添付された圧縮ファイルには、ショートカットファイル「.lnkファイル」が含まれており、誤って開くとマルウェアへ感染するおそれがある。

同機構では、同機構から一般に向けて広く発信しているメールニュースについて、テキスト形式を採用しているとし、ファイルを添付することはないと説明。

今回の感染活動で利用された「添付ファイル」はもちろん、メール形式が「HTMLメール」であったり、送信元がフリーメールの場合、特に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大