Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PayPal偽装のフィッシング - 「アカウントを一時停止している」

PayPalを装い、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング協議会が注意喚起を行った。

問題のメールは「アカウントが一時的に停止します」といった件名で流通しており、アカウントに異常が発生したため一時的に停止しているなどと説明。解決するには本文に記載されたリンクからログインする必要があるなどと騙す手口だった。

メールの文章を見ると、「私たちはあなたのアカウントで異常な活動を見るので」など、機械翻訳を利用したと見られる不自然な表現が含まれる。

誘導先のフィッシングサイトは、7月8日の時点で稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、フィッシングサイトにメールアドレスやパスワードなどを入力しないよう注意喚起を行うとともに、類似のフィッシングサイトやメールを発見した際には連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発