Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVC、疑似攻撃によるウェブサーバの脆弱性診断サービス

ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は、ウェブサーバの脆弱性を診断するサービス「Web Server Vulnerability Diagnostic Service」を7月より提供開始する。

同サービスは、疑似攻撃を実施し、ウェブサーバの安全性を診断するもの。OWASP(The Open Web Application Security Project)やWASC(Web Application Security Consortium)によって危険性が高いとされる脆弱性について、指定したウェブサーバへ外部から2回わたりスキャンを実施。診断結果を速報と詳細な報告書の2段階で提供する。

アドバンスサービスではこれにくわえ、顧客環境の内部にスキャナを設置して診断を2回実施することで、実施前後の改善度合いを確認できるとしている。スキャンエンジンは、NSFOCUS製診断ツール「WVSS」を使用する。

価格は、外部からのスキャンのみのスタンダードが21万6000円。アドバンスが32万4000円。同社は初年度に5000万円の売上を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生