Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVC、疑似攻撃によるウェブサーバの脆弱性診断サービス

ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は、ウェブサーバの脆弱性を診断するサービス「Web Server Vulnerability Diagnostic Service」を7月より提供開始する。

同サービスは、疑似攻撃を実施し、ウェブサーバの安全性を診断するもの。OWASP(The Open Web Application Security Project)やWASC(Web Application Security Consortium)によって危険性が高いとされる脆弱性について、指定したウェブサーバへ外部から2回わたりスキャンを実施。診断結果を速報と詳細な報告書の2段階で提供する。

アドバンスサービスではこれにくわえ、顧客環境の内部にスキャナを設置して診断を2回実施することで、実施前後の改善度合いを確認できるとしている。スキャンエンジンは、NSFOCUS製診断ツール「WVSS」を使用する。

価格は、外部からのスキャンのみのスタンダードが21万6000円。アドバンスが32万4000円。同社は初年度に5000万円の売上を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応