Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVC、疑似攻撃によるウェブサーバの脆弱性診断サービス

ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は、ウェブサーバの脆弱性を診断するサービス「Web Server Vulnerability Diagnostic Service」を7月より提供開始する。

同サービスは、疑似攻撃を実施し、ウェブサーバの安全性を診断するもの。OWASP(The Open Web Application Security Project)やWASC(Web Application Security Consortium)によって危険性が高いとされる脆弱性について、指定したウェブサーバへ外部から2回わたりスキャンを実施。診断結果を速報と詳細な報告書の2段階で提供する。

アドバンスサービスではこれにくわえ、顧客環境の内部にスキャナを設置して診断を2回実施することで、実施前後の改善度合いを確認できるとしている。スキャンエンジンは、NSFOCUS製診断ツール「WVSS」を使用する。

価格は、外部からのスキャンのみのスタンダードが21万6000円。アドバンスが32万4000円。同社は初年度に5000万円の売上を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性