Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OGC、サイバー攻撃への組織対応力を測るチェックシートを作成

オープンガバメント・コンソーシアム(OGC)は、サイバー攻撃への対応能力を把握するための「組織対応力ベンチマークチェックシート」を作成、公開した。

同チェックシートは、インシデント対応を行う「CSIRT」の設立、運営に向けた手引書として、米国国立標準技術研究所(NIST)のセキュリティインシデント対応ガイドライン「NIST SP800-61」をベースに作成したもの。

6分野計25問の質問によってサイバー攻撃に対する組織の対応能力を簡易診断できる。また、同チェックシートを解説した「組織対応力ベンチマーク解説書」もあわせて公開した。同組織のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2015/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
テレワークのリスク評価サービス - セキュアワークス
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会
重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
委託先セキュリティ検査を支援するパッケージ - NRIセキュア
中小企業向けのIoT品質確認チェックリスト - IPA
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール