Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペとアクロニス、仮想化環境向けセキュリティとバックアップのパッケージ

カスペルスキーとアクロニス・ジャパンは、セキュリティソリューションとバックアップソリューションを組み合わせた仮想化環境向けパッケージを提供開始した。

同製品は、VMware環境に最適化されたカスペルスキーのセキュリティソリューション「Kaspersky Security for Virtualization」と、アクロニスのバックアップ製品「Acronis Backup for VMware」を組み合わせたパッケージ。

仮想環境を利用するマルウェア対策や不正アクセス対策とディザスタリカバリを支援する。価格は16万2000円。ダイワボウ情報システム経由で販売する。

(Security NEXT - 2015/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム