Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキーと静岡大、小中学生と保護者向けのスマホ検定を無償提供

カスペルスキーと静岡大学は、小中学生とその保護者を対象とした検定サービス「ジュニアスマホ検定」を共同開発した。専用ウェブサイト上で公開しており、無償で利用できる。

同検定は、小学校4年生から中学3年生までの生徒とその保護者を対象としたもので、スマートフォンにおけるインターネット利用時の基礎知識を学ぶことができる。また検定結果をもとに子供と保護者が話し合うことで、スマートフォン利用上のルールを決めるきっかけにもなるとしている。

検定は「基本」と「上級」の2種類があり、インターネットの利用状況、モラル、セキュリティ、法関連の4ジャンルからランダムに出題される。80点以上が合格で、合格証書を発行。また、スマートフォン利用時のルール作成に活用できるテンプレートも提供している。

(Security NEXT - 2015/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qは脆弱性の届け出が半減 - ウェブ関連が大幅減
JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
不正ログイン被害、あらたに53件が判明 - 東北電力
プリカを二重発行、情報流出は否定 - モスフード
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず