Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MERS関連情報に見せかけたマルウェアメールに注意

韓国国内でコロナウイルスの一種である「中東呼吸器症候群(MERS)」の感染が拡大している問題で、これら話題に便乗したサイバー攻撃が拡大しており、注意が必要だ。

今回の攻撃について外部よりサンプルの提供を受けたシマンテックによれば、病院や感染患者のリストを送ったように見せかけ、「Wordドキュメント」に偽装した実行ファイルをメールで送り付ける手口。

添付ファイルは、トロイの木馬「Trojan.Swort」で、誤って開くとダウンローダーとして動作し、外部からファイルを入手するものだった。確認した時点では、接続先のサイトは応答しない状況だったという。

エボラ出血熱ネパール大地震フィリピンの台風被害など、疫病や災害など注目を集める事件や事故に便乗する攻撃がこれまでもたびたび発生している。

同社は、今後もMERSの話題がスパムメールやフィッシング、標的型攻撃などへ悪用される可能性があると指摘。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「特別定額給付金」便乗の「なりすましメール」に注意
【加筆訂正あり】検索結果に紛れ込む「偽Zoom」にご用心
ドメインに「tokyo2021」は使用しない - 東京オリパラ組織委が偽サイトに注意喚起
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
「新型コロナ検査費用を肩代わり」とだますフィッシング
スマホ狙う「Roaming Mantis」、新型コロナ便乗も
公的機関の新型コロナ注意喚起に見せかけた偽メールに注意
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも