Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットカフェに海賊版OS、経営者らを逮捕

警視庁サイバー犯罪対策課らは6月2日、「Windows 7」の海賊版をネットカフェのパソコンにインストールして客に使わせていた中国籍の男性3人を著作権法違反の疑いで逮捕し、4日に送検した。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、男性らは2014年10月3日、経営する中国人向けのインターネットカフェに設置したパソコンに「Windows 7」の中国語版を無断複製し、その後客に使用させていたという。

別の不正アクセス禁止法違反被疑事件の捜査中に犯行が発覚した。今回摘発された男性の運営する会社は、警視庁築地署がすでに摘発した「不良プロキシサーバ」の実質的な提供元と見られており、不正アクセスなどの犯罪に利用された可能性があるとして、捜査が行われている。

(Security NEXT - 2015/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS