Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、「PostgreSQL」向け暗号化ソフトをOSSとして公開

NECは、データベース「PostgreSQL」の利用者向けに無料で利用できる暗号化ソフト「Transparent Data Encryption for PostgreSQL Free Edition」を提供開始した。

同製品は、オープンソースのデータベース「PostgreSQL」において、透過的な暗号化機能を追加するソフトウェア。オープンソースソフトとして、GitHubが運営するウェブサイト「GitHub」上で公開する。

業務アプリケーションを改修せず、データベースに格納するデータを自動的に暗号化し、許可されているユーザーのみ復号してデータを参照できる。

また機能を追加した「Transparent Data Encryption for PostgreSQL Enterprise Edition」を製品版として7月28日より出荷開始する。暗号化機能にくわえ、データベースの診断機能や復旧機能、暗号鍵管理機能を搭載している。価格は75万円から。

(Security NEXT - 2015/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
MS月例パッチが公開、脆弱性120件を修正 - すでに悪用も
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
「ZeroShell」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県
Windows版が影響受ける深刻な脆弱性を解消した「PHP」新版
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら