Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業で見つかった脆弱性の4分の3が公表から2年以上経過

2014年に企業システムで見つかった脆弱性の4分の3が、脆弱性の公表から2年以上経過していたとの調査結果をNTTコミュニケーションズが取りまとめた。

同社が、脅威のトレンドや対策、関連技術などをレポートとしてまとめたもの。セキュリティオペレーションセンターやハニーポットで収集した脅威情報のほか、全世界で発生している攻撃に関する情報を1300人以上の専門家が分析した。

エクスプロイトキットの動向を分析したところ、エクスプロイトキットが利用する脆弱性は、公表から平均1年強で、2014年に利用された脆弱性の8割以上は、2013年と2014年に公表されたものだった。従来は平均2年弱だったことから、あたらしい脆弱性を利用する傾向が強まっているという。

さらに2012年以降、「Adobe Flash Player」の脆弱性を悪用するエクスプロイトキットが増加している。2014年に検出された「Flash」の脆弱性件数が過去最大だったことが影響していると分析している。

また攻撃を受ける企業のシステムにおいても、対応の遅れが目立っている。2014年に企業システムで見つかった脆弱性の76%が、公表から2年以上経過。10年以上経過している脆弱性も9%存在した。

(Security NEXT - 2015/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
「WordPress」のプラグイン狙う攻撃が急増 - 前四半期の10倍超に
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
セキュリティ自動化、ベンダー混在環境に課題