Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TLSに脆弱性「Logjam」 - 国家レベルなら1024ビットまで盗聴可能

また研究チームは、512ビットに限らず、768ビットに対しても研究機関であれば盗聴などが可能であり、1024ビットに関しても、国家レベルであれば攻撃が可能であると指摘。HTTPSを利用する上位100万サイトにおいて、18%が攻撃可能な1024ビットによる通信を行っていた。

元CIAのエージェントだったEdward Snowden氏の告発により、米国家安全保障局(National Security Agency)による暗号化通信の傍受問題が表面化したが、研究チームは「今回の分析が、VPN、SSHをはじめとするTLS通信に対し、どのようにNSAがアクセスしていたか、解明するのに役立つであろうと信じている」とコメントしている。

今回の脆弱性に関して、「Internet Explorer」「Firefox」「Chrome」「Safari」など主要ブラウザでは、いずれもすでに脆弱性の修正を終えているとしており、研究チームは最新版にアップデートされているか確認するようインターネット利用者へ求めている。

またウェブやメールなどのサーバ運営者に対しては、輸出レベルの暗号化スイートが利用されることを制限し、2048ビットの「Diffie-Hellman(DH)鍵交換プロトコル」を利用するよう推奨。「OpenSSH」については、「楕円曲線Diffie-Hellman鍵交換プロトコル」を利用する最新版へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ