Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ラ・フォル・ジュルネびわ湖」の公式サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールは、同ホールで開催された音楽祭「ラ・フォル・ジュルネびわ湖」の公式サイトが不正アクセスにより改ざんされていたことを明らかにした。

改ざんが発生したのは、同音楽祭の2010年から2015年までの公式サイト。5月12日0時24分から15日12時にかけて改ざんされた状態となり、サイトを閲覧すると、海外のサイトに誘導されてマルウェアに感染する可能性があった。

改ざん期間中、1727人から2954件のアクセスがあったという。マルウェア感染に関する被害の報告はないという。同県では、心当たりがある利用者に、マルウェアへ感染していないかチェックするよう求めている。

同ホールでは、2015年の公式サイトについては改ざん部分を修正。2014年以前のサイトについては一時閉鎖した。今後安全性を確認して再度公開する予定。また今回の改ざんは同イベントのサイトに限られ、同ホールの公式サイトについては、影響を否定している。

(Security NEXT - 2015/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村