Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6割が信頼できる企業なら個人情報を金銭と交換 - 住所は1631円

信頼できる企業であるならば、自分の個人情報を金銭と交換に提供することへ同意する人が、6割にのぼることがわかった。氏名、住所、性別といった基本情報であっても平均数百円から千数百円の対価を望んでいるという。

20150511_tm_001.jpg
個人情報を入手するために信頼できる会社はいくら支払うべきか(グラフ:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロが、2014年11月から12月にかけて、日本国内のユーザー1万5649人を対象に、ウェブ上でプライバシーに関する意識調査を実施したもの。有効回答は595人。

回答者の46%が、過去5年間でプライバシーや個人情報の安全性に関して懸念が増加したと回答。55%が実際に漏洩被害を経験しており、アカウントの乗っ取り被害も6%が体験していた。

提供する個人情報が、企業や組織にとって販促活動に利用できるため、価値があると考えている回答者は64%。また49%は金銭的な価値があると回答した。

相手が信頼できる企業であるならば、60%が金銭と交換に個人情報を提供するとしており、「金額がいくらであっても提供したくない(32%)」を大きく上回る。

(Security NEXT - 2015/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
LINE、捜査機関に対する情報開示状況を公開
改正個人情報保護法、3割強は全面施行までに対応まにあわず
セキュリティ専任者、外注や配置予定なしが半数超